1. レビスマは即効性があるED治療薬   >  
  2. 食事の影響を受けにくい

食事の影響を受けにくい

テーブルの上の食器

即効性があるレビスマは、水に溶けやすい性質を持つ有効成分が用いられていることが分かっています。

そして体内への吸収が早いことも相まって、食事の影響を受けにくいED治療薬であると言われているのです。

バイアグラは、有効成分が体内へ吸収されるまでに多少の時間がかかるので、食事の影響を受けやすいことで知られています。
そのため、空腹時に飲むことで成分が体内へ吸収しやすい方法を推奨しているのです。

食後に服用すると、その分効果の発現が遅くなる上に体内への吸収も空腹時に比べると悪くなってしまうため、作用が弱くなったり無くなる可能性があります。

これらのことから、最も良い服用のタイミングは食前であることが分かります。
特にレビスマは、食後30分程度で効果があらわれ始めるので食前に服用し、ゆっくり食事をとったとして1時間かかるでしょう。

この時点ですでにレビスマの効果はあらわれているので、性的刺激を受けるもしくは興奮することによって勃起が促されるはずです。

食事の後にレビスマを服用するのであれば、ムードを壊さないように注意するなど、効果があらわれ始めるまで時間を気にして過ごす必要があります。

食前に服用すると、あとは自然な流れで夜を過ごすことができるでしょう。

レビスマなら、有効成分であるバルデナフィルが素早く体内に吸収されるので、食事の前後に服用したとしても影響を受けにくいとされています。

ただしバイアグラ同様に、食後に服用するとその分発現が遅れる可能性があるので、効果を最大限に素早く得たい場合は、食前つまり空腹時に飲むことがお勧めです。

ED治療薬のなかで比較的食事の影響を受けにくいのが、レビスマであって全く受けないわけでは無いので注意しましょう。